オフィスレイアウトにおける個人スペースの広さと配置

オフィスレイアウトにおける個人スペースの広さと配置

新しく企業を立ち上げたりオフィスを移転したりする際にはその行き先でのオフィスレイアウトを考えて、仕事を効率的に行える空間を作り出すことを考えなければなりません。


どんな仕事を行うにもそのオフィススペースを有効活用した上で、構成する社員が快適に利用できるようにデザインしてあることが効率を上げるために重要なことです。
一人一人のスペースを狭くしすぎても広くしすぎてもよくない面があります。



狭ければ居心地の悪さや作業スペースの狭さがストレスとなって業務に支障が生じるリスクがあり、広いと緊張感が失われることに加えて周囲の必要物や同僚からの距離が遠くなってしまうというデメリットがあるのです。

人気のあるtogetterに関する特集の情報が満載です。

オフィスレイアウトを考える上ではそういった一人一人のスペースとして適切な広さを確保すると共に、その配置を考えることが重要になります。
そのオフィスの運営のされ方によって最適なオフィスデザインは異なることから、必ずその事情を反映したレイアウトを考えなければなりません。



接客も行うオフィスであれば出入口の近くに接客を主に担当する人のデスクが配置されていることが重要になり、もし接客がないのであれば外回りの多い人を入り口の近くに配置する等して無駄をなくしていくことが仕事の効率を上げます。
一方、オフィスレイアウトにおいては共通で利用する棚や機器類の配置も考慮が必要であり、利用頻度の高い人がその棚や機器に近い場所に位置するように配置することで無駄な動きを減らしていくことができます。

Copyright (C) 2015 オフィスレイアウトにおける個人スペースの広さと配置 All Rights Reserved.